熟練工の充填技術
ISO準拠の品質管理と熟練の充填技術で、液体なら何でも対応します
sanpackの充填ラインは、理美容向けの化粧水からクリーム、ヘアーオイル、医薬部外品のチューブ品からパックなどのペースト状のものまで、どんな粘度の液体をお考えでもお応えできるよう、オールマイティに対応する機械を揃え、熟練の充填技術をもったスタッフたちがひとつひとつ丁寧に確認して仕上げていきます。
個別対応が得意なsanpackですが、作業所全体で統一した管理を行い、ひとつひとつの作業工程に対し、化粧品・医薬部外品を扱えるOEMだからこそのトップクラスの品質管理を維持しています。ISO22716(化粧品GMP;優良製造規範)に準拠する高い基準の環境を整備。作業ライン・作業スタッフともに徹底した安全・衛生の管理体制を敷いています。
高品質を担保する機器設備の精密さと、最後の一手間を機械任せにしない人の技の柔軟さが、大手メーカー様も一目を置いてくださるsanpackの充填技術です。
小ロットから
大量生産まで
100本ずつの多品種注文にも、30万本の大量発注にもお応えします
形状が異なる容器でも人の手で細かく対応できるため、インターネット販売に多い容器違いや容量違いといった多品種小ロットにも対応可能です。チューブ、ジャー容器、ボトル、ガラス瓶、パックなど、液体であればどんな粘度、どんな容量でも対応します。小中ロットは2ccから200ccまで、大ロットでは5ccから1,000ccまで、またノズルは4Φから対応可能です。
sanpackが得意なのは小ロットだけではありません。季節によって生産量が急増する商品などの大量発注にも対応できるよう、作業スタッフを確保して柔軟なシフト管理を行い、協力しあえるチームワーク体制、ネットワーク体制を整えています。
1ロット100本から月産30万本まで。どんなご注文にも幅広くお応えし、お客様が必要とする量を生産いたします。商品の適時適量出荷は企業の生命線です。sanpackはお客様の「困った」を、確実な納品で「良かった」に変えます。
短納期にも対応可能
充填ラインのチームワークで、明日中の納品も間に合わせます
製造現場では、ラインマネージャーが毎日全ラインの製造工程を確認し、翌日の最適な生産に合わせてラインを設計しなおし、組み上げ・改良を行います。また、作業スタッフは毎朝チーム体制を確認し、配置されたそのラインでの充填作業に集中します。毎日柔軟に工夫を重ねる生産ライン体制が、ご要望どおりの納品を保証します。お客様の「急に明日必要になった」というご相談にも、マネージャーと作業スタッフが一丸となって対応方法を検討し、毎日の工程を最適にする見直しとチームワークによる工夫で確実に出荷。お客様の納品を支えて参ります。条件にもよりますが、一般的な化粧品であれば1日3,000から8,000本まで対応できる体制を整えております。他で引き受けてもらえなかったものも一度ご相談ください。sanpackなら、きっと答えがみつかります。
製造・包装・出荷の
一元対応
調合、充填から包装、トラック搬入まで一括管理できる設備環境が充実しています
お客様のこまかなご希望、急なご要望にもすぐお応えできるよう、当社工場内でお客様からお預かりした液体バルクや包装資材で液体充填を行い、ラベル貼付や印刷などの包装加工、最終製品の梱包、製品保管、出荷までの工程を一元的に管理しています。また、液体調合が可能な設備も導入し、自社内で液体を調合する工程から一括して製造、出荷までのご支援をできる体制も整えております。
さらには、製造工場建屋内に保管倉庫を有し、作業前のバルクや包装資材をお預かりしたり、出荷日程の調整を行うための商品を保管したりすることが可能です。広い敷地があるため、工場前まで10tトラックを乗り入れたり、40ftコンテナの搬入・搬出を行ったりする作業もスムーズに行えます。
徹底した品質管理体制
ISO22716(化粧品GMP)準拠の管理体制、30分おきのチェックで品質を守ります
お客様の商品を守るための品質管理についても、万全の体制をとっています。ISO22716(化粧品GMP)に準拠した管理体制を保つため、事業所内の設備・機器類の清掃や飛行虫・歩行虫の防虫対策、微生物検査などの異物混入防止や衛生対策を行い、作業環境の安全・衛生管理を徹底しています。
また作業中も、温度・湿度管理や計器の検査・調整、作業員の手指・服装チェック、作業ラインの清掃・異物確認を定期的に実施し、各種記録を保管しています。特に、30分ごとにスタッフの装着品や計器・ラインの確認を行い、チェックシートで厳密に管理する体制は、ラインを見学に来られたお客様に「ここまで徹底しているとは」と驚きの声もいただいています。
作業スタッフに対する教育にも取り組み、作業前の健康・手指チェック、手洗い・消毒から入室までのマニュアル徹底を行うとともに、定期的に5S・品質向上に関する研修を定期的に実施しています。